沖縄での生活を始めて

  • 2018.12.03 Monday
  • 01:59

やっとブログを書く時間を作ることができました。毒田です。

前回のブログでは僕のバトスピ人生をさらっと振り返った記事を書きましたね。

今回は僕の、バトスピを諦めた人生について書きたいと思います。



タイトルから察するに、いま現在僕は沖縄に住んでいます。

博多から沖縄に引越ししたんですけど、引っ越しの荷物が届くのがいつもなら1日で到着するのに、沖縄だけなぜか一週間かかるんですよ。

ANAは20キロまで荷物預けられるんで、僕は19.8キロ分の生活雑貨だけを詰め込んで沖縄にきたわけなんですよ。


持ち物

ブランケット

クッション

洗剤系

シャンプー系

歯磨き系

ジャージ

7日分のインナー

スーツ3着

ネクタイ7本

革靴

スニーカー

充電器

iQOSイエローメンソール2カートン

ティッシュ

トイレットペーパー

ヘアジェル

仕事で使う道具全部


こんなところでしょうか。キャリーバッグパンパンに詰め込んで沖縄に来たわけなんですよ。

沖縄初日は、偉い人に挨拶しにいくと聞いていたので、僕はしっかりビジネススタイルでジャケットを羽織って沖縄に上陸しました。



第1章 暑い

残念なことに福岡は余裕でクールビズなんて終わってました。10月にもなればそりゃそれなりに涼しいから寒いのあたりやないですか。

なんなら持ってきたジャージなんて冬用だし、ワイシャツも全部長袖です。

昼の温度は28度。ちなみにこの記事を書いてるのは12月です。

今日就職活動について相談をしてきた大学生の少年はタンクトップに短パンでした。



ゆいレールっていうモノレールが一本だけ沖縄には通ってるんですけど、初めて来た時に乗ったら、僕以外車両に乗ってる人みんな半袖でした。学生も半袖。おじさんはかりゆし。リーマンもクールビズ。僕はただ暑苦しいだけのお兄さん。








第2章 最低水準の1週間


はい。荷物が届くのに1週間ということは、1週間先ほどのアイテムしか持ち合わせてないんですよ。布団も持ってないから床にブランケット敷いてクッションを枕にして寝る。

初日に関してはガスの開通してないから冷水シャワーでした。

家にあるのはブランケットとクッション、着替えと最低限の日用品のみ。










第3章 恐ろしく何もすることがない休日

当然自転車も自動車もありません。

家にいてもやることがないから外に出るしかない。じゃあ何が家の周りにあるのか。



そうですね。東シナ海しかありません。


那覇空港の近くに行けばあしびなーという沖縄唯一無二のアウトレットがあるんですけどね。そんな足は何もねぇ。








第4章 パチ屋でDQNに絡まれる

沖縄のパチ屋に希望を見出すために僕は家から三キロ離れたパチ屋に仕方なく足を運びました。

そこには意味わからん数のトリプルクラウン。

トリプルクラウンというのは沖縄にしかおそらく存在しないAタイプで、主流の沖スロだとのこと。

早速調べてみると設定6で機械割107%

恐ろしくゴミスペックではあるが記念に募金。まるで光らないまま2人の諭吉を失う。


沖縄ってなぜかスーパービンゴネオがやたらあるんですよ。んで目の前でビンゴネオの360gが空いたからラッキー思って取ろうとしたら明らかに僕の方が先に取ってたのに強引にドカタ系おじさんに横取りされました。

僕はそんなことでショゲて帰ったりしません。当然声をかけます。


ワイ「横取りすんなや」

DQN「あんたゾーンだけ狙ってんだろ?ダメだよー」


スーパー特大ブーメランを放つDQNに負けるわけには行かず食らいつくも、なんとドカタおじさん仲間が大量に近辺にいました。

危うくリンチされるところでしたがひ弱な僕はそそくさと退散して二度とそのパチ屋を訪れることはありませんでした。





第5章 飲みニケーションの頻度が高すぎる。

環境適応能力が高い僕なので実は沖縄の人がお酒大好きなことぐらい予習していました。

そのために毎日ビールや焼酎を一日一杯飲んで苦手を克服してはいましたが、あまりにも飲み会が多すぎる。

意味わからん。たまに行くから楽しいんだよ別にそんな酒すぎじゃねーんだ。とりあえず生人数分来た時周りのペースに合わせて飲むよ。でも別に好きでもないものにお金をかけている自分が本当に悲しくなる。




第6章 方言が解読不能

沖縄の人は何かを強調する時に「しに」「でーじ」とか使うんやっさー。

それはまだ理解できるんさ。

ただ、「だー」→(貸して)

とか、「にふぇーでーびる」→(ありがとう)

「ちゃー」→(いつも)

とかもう突然会話に出てきても「え?何言ってるんだこの人」ってなるのが落ちさね。






第7章 漢字が時々読めない。


豊見城→とみぐすく

喜屋武→きゃん


沖縄では城という漢字を「ぐすく」と読むらしいんですよ。でも玉城さんは「たまき」か「たましろ」の完全二択

喜屋武に関しては解読不能だろ普通。ゴールデンボンバー好きな人でやっとわかるでしょ。








第8章 同じ苗字が多すぎる。


多分本土では、鈴木とか佐藤とか山田とかが多いですよね。

そんな名前沖縄にはほぼいません。

赤嶺とか金城とか玉城さんとかがわけわからん数います。

沖縄の文化の一つなんですけど、人のこと名前で呼ぶのが常識なんですよ。

だから年上の人でも名前で呼ばなきゃいけないし、女子高生も名前を呼び捨てで呼ばなきゃいけないんですよ。

童貞の僕にはとても歯がゆいです。





第9章 車がないと生活ができない。

残念なことに沖縄には踏切なんてものはありません。当然電車もない。

坂道も多く、自転車乗ってるなんて中高生だけです。

飲食店に行っても駐輪スペースには1台止まってるか止まってないかの境目。

外食文化がすごいので車の数はえげつないです。

しかも、栄えてる所が少なすぎて遊べる場所もないので車がないとどこにも行けません。


流石の僕も車を購入しました。






第10章 根本的に仕事がキツい

残念ながら詳しくは語れませんが、ストレートに仕事がきつくて白目向いてます。

私生活に関してはストレスの塊でしかなく、こんな相談を沖縄にもともと住んでた人に言えるわけもなく、仕事がきつくても癒す要素がない。

僕は一体どーすればいいのかと。






なんとなく思いついたことをサラサラと書いてみました。

仕事が辛い要員なんてクソほどありますが、僕が未熟な点ももちろんあるんです。諦めずに今は頑張ります。

バトスピ勢の皆さん沖縄に来た際は是非僕に会いに来てください


9年間のバトスピ人生を振り返って

  • 2018.11.11 Sunday
  • 02:56

お久しぶりです。毒田です。

こんな臭い記事タイトルにしたのは訳があります。


この度私毒田は、バトルスピリッツから身を引くことにしました。


大体やめるやつなんていうのは黙って辞めるもんなんですよ。ただこんなこと言うぐらいなんで、戻る意思はあると思っていてください。


辞める理由はただ二つあります。

自分のいる環境がきつい

仕事と両立できない。


まずは環境について話をします。

話が長くなるので僕のこと1mmも知らないバトスピプレイヤーにはなんとお得にもならないのでブラウザバックしましょう。


僕のことを知ってる人は今更な話ですが、

僕の生まれは埼玉です。

実はカードゲームなんて縁もゆかりもない学生時代を歩んでいました。小学生の頃にメイプルストーリーにハマりすぎて学校1の問題児だった黒歴史もありますが、そんな話は置いておいて。


僕は中学三年生の頃にバトルスピリッツを始めました。

反抗期だったのか、無理やり通わされていた塾が嫌すぎて塾の時間帯はブックオフで立ち読みする事が生き甲斐でした。

バトルスピリッツに出会った日は、そんなクソみたいな学生時代になんとなくブックオフに飽きてしまい、中古ゲーム屋さんに少し立ち寄った時のことでした。

「そういえばこんなカードゲーム、友達の誰かがガチャガチャで回してたなぁ」となんとなくアニメの存在すら知らない僕が眺めて

もう夏も終わるというのにタンクトップ1枚のゴリラみたいな人が目の前に立ち、

「君はバトスピをやっているのか?」

中学生の僕が、そんな強面のおっさんにそんなこと聞かれたら普通にビビるじゃないですか。

「いえ、ルールも知りません」

僕は間違いなくそう答えたはずなんですけど、彼はなにを勘違いしたのかルールも知らない僕にエメラルドシーザーやヘラクレスジオを手に持ち、バトスピについて語ってくれました。

わけもわからないまま週末のショップバトルに参加させられることになり、当時はラインもないのでメールアドレスを交換することに。

受験勉強なんて全くする気がないので、言われるがままにメールで指示された場所へ行き、中古ゲーム屋さんのコモンカード20枚100円コーナーで300円課金して60枚カードを買い、45〜46枚ぐらいのデッキを片手にショップバトルに参加しました。

その時ちょうど7弾が発売して、SBはアレクサンダーの海。当然ルールも曖昧な僕は一度も勝つことが出来ませんでした。

そりゃ仕方ないと思うんですけど僕めっちゃ楽しかったんですよね。

どうすれば勝てるようになるんだろうって毎日考えて色んなカードを試すようになりました。

それからは毎日のようにバトスピのことを考え、終いには卒業式の練習を抜け出して平日SBに行く有様。


そんなバトスピジャンキーの僕は高校も大学もほぼ毎日バトスピに費やしていました。


授業中熱心にノートに向かってデッキを組んで、家で形にして、週末は大会に出向く。

ウェイ系大学生が苦手だったのでサークルにも所属せず、バイトとバトスピの繰り返し。

周りの環境にも恵まれており、学校で知り合った友達がバトスピを始めてくれたりもしたので、学校生活もまぁ楽しむことができました。これもまたバトスピのおかげなのかなと。

バトスピというコミニュケーションツールのおかげで下は小学生、上はパパさんユーザーと、幅広い世代と同じ趣味を持つ仲間と語り合える日々は意味わからんほど楽しくて、人生何があるかわかんないなって感じますし、変な意味ではなく、真剣に、カードゲームを通して、人として成長させられたなぁと感じます。


月日が経ち大学を卒業し、就職しました。

詳しくは書けませんが、世界中どこでも働く可能性がある面白い会社です。

僕の配属先は営業部として福岡の小倉という地へ飛ばされました。

もう唖然としましたよね。埼玉から小倉ってなんやねんと。しかし小倉についてみると意外や意外ご飯がとても美味しい。観光スポットは特にないが周りの人柄も良く、家の近くにはチャチャタウンという映画館のある小さめのアウトレットがあり、駅の近くにある、あるあるシティというビルにはカードショップもありました。


正直小倉での生活はかなり満たされていました。強いて言うなら虫が多いことがネックなぐらいですかね。朝起きたら壁にまぁでかいアシダカグモがいたり、家に帰るとドアの前でカブトムシが起き上がれなくてもがいていたり。

そんな初めての配属先の小倉でしたが、僕も昇格して、パシリからプチ管理職みたいなものになりました。

その配属先が博多に決まったんですね。


博多といったらもう大都会じゃないですか。これはまた凄いところにいくなぁと。なんとなく引っ越し先の物件を見てみたら福岡空港の近くのクソ住宅街の中心っていう。もう家からチャリンコでどこまで漕いでも家しか見えねーだろみたいな。

でも、バトスピがしたければ天神にいけばある程度栄えてるはずなので、問題はないかなと。


そんな博多への引っ越しを2日後に控えた日のことです。

会社の偉い人に呼び出されて面談が始まりました。

一体何を話されるんだろうかと、全く予想していませんでしたが、

偉い人「博多ではなくて沖縄に行ってもらう」

僕「」



僕の心の中で何かが砕ける音がしました。

僕が沖縄に行く理由は、社会勉強の為らしいです。

沖縄行くぐらいでバトスピ辞めるのは甘えではないか?とかなんとか思いますよね。そうですよね。次の記事では、沖縄での生活について語りたいと思います。

そんなわけで皆さんとりあえずお元気で



【バトスピ】【環境考察】今回の禁止制限改訂について

  • 2018.08.23 Thursday
  • 23:42

こんにちは。毒田です。

珍しくハイペースで禁止制限改訂が2回も出て「せっかくカード買ったのに残念だなぁ」なんて人がまたもや現れてしまっていると思います。僕もなので心中お察しします。


2018年9月1日より禁止制限に加えられるカードは

「アイツのカード」

「一月幼神ディアヌス・キッズ」


「ブレイドラ」

「ブレイドラrv」

「龍皇海賊団 見張りのネコジャジャ」

の5種類ですね。1つずつ考察していきます。




「アイツのカード」

なんとなくみなさん御察しの通りかと思いますが、デザイナーが意図しない使われ方をしてしまっているための規制ですね。

後々現れたヴルム軽すぎ事案のおかげでクソゲーレベルのターボエンジンカードになってしまいました。ぶっちゃけ公表されてから日数も経ってて今更詳しく書いても何もないと思うんでこれぐらいにしておきます。


「一月幼神ディアヌス・キッズ」

ぼくは個人的に煌臨ってデザインが結構好きで、特に魁みたいな割とすぐゲームエンドしちゃうカードでも、フラッシュを挟むっていう点が、今までのメインでシコって終わりみたいなゲームだった所を改善してくれた感じがしてました。

だからこのサイクル結構危なげに感じてたんですけどディアヌスキッズはまぁやらかしましたよね。

ノヴァだけなら超良デザインなのでまぁ仕方ないです。アイツのカードとセットで規制かけてくれたのはゲームバランスの改善になると思うんで僕は嬉しいです。

まぁこれも公表されてから(ry


「ブレイドラ」

0コストの翼竜です。

どんな雑魚でも、戦ってくれるなら大歓迎だとさ。たとえ飛べない翼竜でもな。って書いてありました。


「ブレイドラrv」

0コストの翼竜です。

後で考察するネコジャジャもそうなんですけど、新カード発売に伴う規制ですね。

過去にグレートリンクとか北斗七星龍ジークアポロドラゴンとかそんな感じで滅された類です。

まぁ正直強すぎるとは思いました。初めて使われた時ターン1制限がないことにめちゃ驚いた記憶があります。

最近?発売した構築済みデッキに2枚入ってるしブレイドラって軽くアニメで「不足コストは…!」ってブランド化してるカードなだけにちょっと残念です。


「龍皇海賊団 見張りのネコジャジャ」

彗星の如くTLに現れたかと思えばマッハで禁止にぶち込まれましたね。あまりの速さに僕が手に取ることすらありませんでした。

同じく新カード発売に伴う規制です。

考察記事一丁前に書いてるくせに申し訳ないんですけど使ってないんですよね。TLで見る限りはやべー強いんだろうなって感じはしました。公式の早い対応に関心ですっ。



特に面白みもない記事ですけど最近何も書いてなかったので生存報告も兼ねての記事でした。それではまた

【バトスピ】積み込み行為やゲーム中のイカサマについて

  • 2018.04.30 Monday
  • 17:36

どうも。毒田です。

デッキトップにトラッシュのカードを置いちゃったりする輩がいるだの、デッキ混ぜたあとデッキみてカード散らす人。相変わらず騒がしいバトスピ界です。


神煌臨編第一弾が発売してグランウォーカーなど新カードが飛び出してただでさえルールが曖昧なポイントが増えつつある現状です。

僕も先日ルールの勘違いを指摘されたり、なんでグランウォーカーのコアチャージにビランバが当てられないのかとか疑問に思ったこともあります。

そんな僕ですが、バトスピを楽しんでるみなさんに注意して欲しいことが2点あります。


\僂濆み行為について

積み込み行為っていうのは、そのまんまの意味ですが、デッキの中を積み込む、無作為ではなくすことです。

例えば、シシノビとイザヨイを並べておけばコンボが決まりやすいとか。

デッキを混ぜる前に散らしたいカードを並べてからディールシャッフルをすれば均等に散るとか。

バトスピのルールではまずデッキをシャッフルして相手にカットしてもらうわけなんですけど。

その積み込み行為を行った状態のシャッフルなんてシャッフルとは呼ばないんですよ。

デッキを混ぜるっていうのはカードを散らすことじゃないんです。デッキのどこに何のカードがあるのかまったく予測できない状態にしなきゃダメなんですね。


「初手に〇〇三枚もきちゃった!ちゃんとシャッフルできてない」みたいな発言をする人。

時々いますよね。

ちゃんとシャッフル出来てるなら当然初手に同じカードが3枚くることだってあります。それが事故だと思う、それが嫌なら2枚だけ入れたりなど工夫すればいいんです。


この積み込み行為ですが、自覚、悪気がない人がいます。

知らないことだから仕方ないといえば仕方ないです。カードゲーム始めたての時、周りの人に「こうすると事故らなくなるよ!」なんて言われたら信じる人は信じるでしょう。


相手が真面目にデッキ混ぜてるのに自分はコンボが決まりやすく、事故を緩和しやすくしてたらそんなんフェアじゃないんでそこはしっかりやって欲しい所です。

対戦相手の人も対戦前に目の前でシャッフルしてくれないならしてくださいって伝えたり、明らかに積み込み行為を行っている人がいたらそれは注意しましょう。

カードゲームはコミニュケーションツールでもあるので気持ちよくゲームがしたいですね。




▲ぅサマについて。

簡単に言うと不正って意味です。

バトスピに限らずアナログカードゲームをやってれば少なからずイカサマする人っているんですよ。

サイコパスの世界じゃないんでイカサマ度数を見て断罪なんて出来ません。

某農家アイドルの人も謝罪会見を開いたように、見た目じゃなかなか判断できないんですよ。


不正はルール違反です。わざわざカード”ゲーム”の大会に参加して”遊び”にきているのにそんな相手を不快にさせるぐらいなら全然参加しないでほしいですね。


ぶっちゃけバトスピのイカサマなんて簡単なんですよね。

コアもガンガン増えるし手札もガンガン増えるから毎ターン数把握って難しいんで、本当はフル軽減出来てないのにコアちょろまかして本来あるべきコストより低く出したり。ストロングドロー連発してる時一回ぐらい4枚ドローしても気づかない人は気づかない。

今回話題になっているノヴァでハンデスされた時にメルキオルをデッキトップに置いたり。メルキオル案件はバレたらゲームロスじゃ済まないかもしれませんが、コアのちょろまかしや過剰ドローなんて「あ、間違えました!」で誤魔化せるじゃないですか。

だからやってる人は気軽な気持ちでやるんじゃないですかね。単純にお得だから。

万引きが癖になっちゃうおじちゃんおばちゃんと同じでなかなか辞められないんじゃないかな。


ただ、実際本当に間違える人もいますし、僕も相手がスワローテイルなのに3枚引いちゃったりする勘違いとか見たことあるし、僕本人も後からトラッシュ数えたらストロングドローたくさん使ったのにどこかで1枚しか捨ててない枚数しかなくて相手に謝ったこともあります。

当然勘違いでも良くないんです。スワローテイル打って3枚引いていいわけがないしストロングドローは2枚捨てなきゃいけないんでそこらへんはお互いがちゃんと確認しないと何のためにルールがあり、なんのためにカードのテキストがあるのかわからなくなりますからね。

イカサマするやつは当然いなくなるべきですが、存在することは事実ですし、消えないと思います。

された方が悪いとは絶対言いませんが、されないように細心の注意を払って、バトルスピリッツの大会を楽しんでください。


トラッシュのカードを物理的に回収するような人はその場で注意して、晒しあげて問題ないです。

詐欺師の友達は詐欺師です。

もし自分の周りにそんなことをしている人がいるなら注意してあげましょう。自分まで疑われちゃいます(^_^)


以上です。

【バトスピ】ショップバトルに参加してきました。【大会レポート】

  • 2018.04.19 Thursday
  • 21:32

お久しぶりです。毒田です。

おかげさまで大学を卒業し、社会人になりました。

学生時代は埼玉バトスピサイクリング部の部長を務め、1日20キロの自己鍛錬を常に行いながらバトスピの腕に磨きをかけてきた私ですが、営業職に勤めることになりました。


そして、埼玉を出ました。

営業職なのでこれからも転々とすると思います。

最初の勤務地はだいたい関東だよと聞いてたのですが何が起きたのか今僕は福岡にいます。

思いっきり九州です。一文字もかすってくれません。

関東に残るみんなには「福岡いいところだよー!」とか色々教えてもらいましたがいやまじで君に福岡の何がわかるんだよって感じです。ずっと関東に住んでたから未開の地で不安いっぱいの僕がですが一つだけわかったことがあります。





福岡は良いところです。


まずご飯がうまい。そして物価も安い。

僕の家の最寄駅は割と充実してて、服でも趣味の映画鑑賞も美味しいご飯も割と困ることはない。

僕の家は別に駅に近いわけではないですが、近くにスーパーもコンビニも飲食店も沢山あります。

もう二度と福岡から出たくないです。


そんな僕ですが、やはりバトスピプレイヤー。

スポンサーにはにわさんがいる以上プロとしての腕前を見せつけにいかなくてはならない。

先日の土曜〜月曜が休みだったのですが、なんとなく福岡のSB事情を検索してみたらなんと月曜の夕方からショップバトルがあるではありませんか。


これは参加するしかない。関東では疎かにしていたが交流を深めにSBに参加しよう。

僕はデッキケースを手に取りました。


はい。アレックスと魁しかありません。


残りの34枚を買うしかない。僕はカードショップに足を運びました。


そしてある友人にラインを送りました。

ワイ「バトスピ今何が強いの」

机○○「ノヴァと武装と忍風だと思う」


アイツのカード難民なので武装を組もうと思いましたがまさかのラグナロックが売ってない。イグドラシルも売ってない。

当然アイツのカードも売ってない。

仕方なく散々回したことのある忍風をたくさん買いました…。

ジライヤが300円だったのでお買い得な感じがしました。


それではショップバトルに行ってみましょう。


使用デッキ 忍風

参加人数 2











参加人数 2











なるほどたしかにmax終わった後ですもんね。

いきなり決勝戦でしたがなんとか勝つことが出来ました。優勝です!笑

しかしここで終わるわけにはいかない。

ちゃんと交流も深めねば。


ワイ「いつもあんまり人こないんですか?」

対戦相手「いや、くるときは来ますよ。」

ワイ「あ、そうなんですか。じゃあタイミングが悪かったのかなぁ」

対戦相手「先週は僕1人でした」

ワイ「そうなんですか、ありがとうございます」





福岡の皆さん。僕はここにいます。是非仲良くしてください。

あとブレイブルーって格闘ゲームをやってるんですけど先日始めて宗家筆頭まで行きました。数字で換算すると26段です。慢心せずこれからもコツコツ頑張ります。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 9年間のバトスピ人生を振り返って
    毒田 (11/12)
  • 9年間のバトスピ人生を振り返って
    田中 (11/11)
  • 【バトスピ】【商品解説】オールキラブースター烈火伝承が超良商品という話
    8 (01/24)
  • 【バトスピ】【商品解説】オールキラブースター烈火伝承が超良商品という話
    毒田 (01/23)
  • 【バトスピ】【商品解説】オールキラブースター烈火伝承が超良商品という話
    8 (01/06)
  • 【バトスピ】チャンピオンシップMAX2017に参加してきました。
    めるる (04/25)
  • 【バトスピ】チャンピオンシップMAX2017に参加してきました。
    毒田 (04/24)
  • 【バトスピ】チャンピオンシップMAX2017に参加してきました。
    めるる (04/24)
  • 【バトスピ】【環境考察】バトルスピリッツ2016神皇杯、チャンピオンシップの環境
    毒田 (04/02)
  • 【バトスピ】【環境考察】バトルスピリッツ2016神皇杯、チャンピオンシップの環境
    めるる (02/14)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM